日々色々

算命学で言い逃れができなくなりました(笑)

※こちらの記事は2016年5月24日にアメブロに掲載した記事を加筆修正したものです。

算命学をご存知ですか?

東洋系の学問で、
元は中国から入ってきたけれど、
生年月日を干支に変換して、
その人の生まれ持った
宿命のエネルギーを数値化して表すとともに、
どのようにそのエネルギーを使うと、
人生がうまく流れるか。

陰陽五行なども用いて、
日本でオリジナルになった、学問です。

一見当たる当たらない系の占いに感じるけれど、
かなり科学的・統計学的な学問ですから、
理論的に自分を知りたい方には、ぴったりです。

鑑定をお願いしたのは、
片野由美子さん。

とてもふんわり柔らか系な外見ですが・・・
しっかりはっきりきっぱり
と言い切ってくださる、
気持ちいいセッションでした。

席に座るやいなや、
開口一番、おっしゃったのが。

今まで鑑定して来た大人の中で、
宿命のエネルギーが一番大きい!

36点が満点だけど、34点もあるから!

生きづらかったでしょう???

・・・のっけから、

おっしゃる通りです。

書きたいことはいっぱいあるのですが、並べます。

【基本的な性格・志向・思考・性分】
・曲がった事が大嫌い
・上を目指す
とにかく普通は嫌
普通の結婚とかありえない
・人の上に立つ
・王
・普通にしていたら使い切れないから苦労も多くなる
・2回離婚したのも星に出ている
・協調性があるので集団や組織で統率すること・説得すること
・精神世界のことを現実に沿って解説する
・幅広く融通性がある
・伝達することも得意→話す・書く・表現する
・「大人」の星を持っているから、小さい頃から大人


【大きなエネルギーを活かす方法】

・芯になるものを探す 50代で必ず見つかる
→エネルギーが大きすぎるので時間がかかる

・生涯現役
→第一線を退くと、エネルギーもてあまして周りに迷惑かける

・周りから見てヒヤヒヤすることも平気でやる
→周りの人、ごめんなさいね(苦笑)

・落ち着かない中で生き生きする
→人生ってジェットコースタータイプのアトラクションだと本気で思ってるからね。

いやほんと、納得いくことばかりでして。

特に、何をやっても満足できなかったんです。

もっと何かできるはず。


けれど、そんなことできるはずないと、

周りから言われて諦めたことも多数経験していて。


実際、何か大きいことをやりに来たので、

それをやることを目指して当然!当たり前!


なので、

ライアー1000台創って配る。

何ていうのは、とても良いこと。

何しろ「前代未聞」が大好物なので(^^;)

「前例がない?前例は創るものですよね?」と、

会社で何度言ったことか・・・



意外だったところ

「霊感の星」は、ない。

だから、見える・聴こえる

の能力は、基本的に持っていない。


けれど、算命学の基本として、

陰=現実世界のこと

陽=精神性・見えない領域のこと

であるが、


私の場合は、”陰極まりて陽”となったパターン。

つまり「現実的な人=陰」を示す強い強い星が

3つも生まれ持ったものにあるがゆえに、

それが転じて陽の精神的なエリアの世界へと

アクセスが可能となっている。


なので、陰と陽の両方の伝達ができるから、

見えない世界のことを現実化させていくことができる。


精神性を体現するために、

わかりやすく伝えていくことができる。


のだそうです。


注意すべき点

大きなエネルギーなので比類なき犯罪者になる人もいる

→ねずみ講的な詐欺集団のリーダーもできちゃう

→宗教で教祖様になることもできちゃう



面白かったこと

目上の人とぶつかる

→確かに。権力を気にしないので、

 理不尽に感じたら、相手が役員でも、

 歯に衣着せずなんでも言っちゃっていましたから(苦笑)



嬉しかったこと

息子は私の精神的な支えの守護神だから、

今みたいに、たまに会うだけでも

軸を確立してマインドをしっかりさせてくれる。



最後に

53歳から20年続く天下が来る

うっしゃーと、心の中でガッツポーズしました♩

長い20年間の天中殺は、若いうちに過ぎているから大丈夫。

→そういえば、この期間に2回離婚してる(笑)


あと10年か。

あっという間なので、

20年続く天下の間にやりたいことをちゃんと現実化するために。

その基礎をしっかり築く10年にしようと、

心新たにしたセッションでした。


セッションを終えて、片野さんが一言。

「あ~良かった!

里奈さんが大きな志を持っていてくれて。

”結婚して家庭に収まりたい”

なんていう相談だったら、どうしようかと・・・

そんな要素無いって言うしか無いもの

・・・確認のダメ押し、ありがとうございます(笑)

いろんなことに、言い逃れできなくなりました。


片野由美子さん、ありがとうございました!