秋分の日☆ヒカリノクニの煩悩焼きワーク!

焼き祓え給え!!!清め給え!!!

太陽フレアと地球のコアエネルギーで煩悩を焼き尽くす!

煩悩に惑わされる人生は終わらせて、

さっさと生きたいように生きたらいい!

 

ヒカリノクニがあなたの人生のためにフル出力でサポートします

 

”ヒカリノクニの煩悩焼きワーク”

 

夏至に好評だった「火焔焼き尽くしワーク」をバージョンアップさせました。

地球のコア、地熱エネルギーもお借りして。

秋分にヒカリノクニがあなたの煩悩に向けて強力なビームを照射します。

 

このワークには、スペシャルなネックレスが付きます。
不動明王の使う宝具、羂索(けんさく)を用いたネックレスです。
このワークでしか手に入らない組み合わせの貴重なものです。


煩悩とは「あなた本来の人生を邪魔するもの」

人は本来、それぞれの人生があります。

けれども、育ってきた環境の中で身につけてしまった、

固定観念があります。

  • 目立ったらいけない
  • 誰かの指示を待つ
  • 親からの決めつけ
  • 他の誰かと比べてしまってできた自己嫌悪

などなど、数え上げたらキリがない!

これらのものを燃やすエネルギーを

見えないレベルで行います。

 

ワークが行われるのは次の日です。

9月6日(金)22時

9月20(金)22時

9月22(日)22時

です。23日が秋分の日ですが、この日にゆっくりできるようにです。

そして、それまでの間、徐々にいらないものを焼いていきます。

事前準備です。

お申し込み日から8月いっぱいまで。
 

ご入金後から自動で、

徐々に焼くワークが始まります。

早めのお申し込みの方がお得ですよ!

”ヒカリノクニの煩悩焼きワーク” 54,000円

今回、7世代遡った、ご先祖様レベルまで行います。

ご入金後に添付のアイテムを送ります。

寒川神社で描いたフトマニ

昨年の秋分の日に、レイライン(太陽の通る道)上にある、

寒川神社で描いたフトマニです。

秋分は昼間と夜がほぼ同じ時間となり「陰」へと転じる起点です。

当時へと向けて現実化のエネルギーが強くなります。

この世は見えない世界のことが大半。

自分の心持ち次第で人生が決まるのです。

こんな自分ではダメだと閉じ込めてしまったものを出していく濃厚な期間となります。

そのエネルギーがこもっている特別なフトマニ図です。

※ フトマニは、締め切り後に入金確認をしてから、一斉に発送します。

持っていればずっとあなたのためにずっと働いてくれます。

そのように設定してあります。

不動明王の使う宝具、羂索(けんさく)を用いたネックレス

トップの玉には不動明王と閻魔様の梵字が入ります。

着用するとこんなイメージ。

ネックレスの終端が羂索になっています。
不動明王がいらない煩悩を捕まえて縛るためのものです。

トップの玉はあなたによって用いる玉が変わります。
写真は伊勢神宮の本殿の柱だったヒノキの玉。
他には高野山に関連した高野槙(コウヤマキ)や杉、日光東照宮御神域の杉、出雲大社御神域の松、縄文のエネルギー残る屋久杉など、あなたに合わせた玉となります。
その下にはガラス玉を。
写真は友人作のものですが、実際に入るのはリナトラマンが作ったものです。
”閻魔玉”と言う”あなた自身の底力を呼び覚ます火焔の玉です。

今回のワークだけではなく、この先ずっとあなたの人生のお守りとなるアイテムです。



ご先祖様レベルまで遡ると、

両親だけでも254人になります。

そこからさらに広げていくと。

このワークが無限の広がりを見せることがわかっていただけるかと思います。

さらに、サポートエネルギーが入るよう、

いらないものを焼き尽くした後に、本来のあなたと繋げる祝福ワークを行いますよ(^^)

それに関しては、秋分終了後に詳細をお知らせいたします。

もちろん、ご入金の段階から徐々に焼き始めますので、

こちらも早めのお申し込みが重要です。

お申込み受付:2019年8月8日まで
 

【注意事項】

  • このワークは何らかの効果を保証するものではありません。
  • 見えない世界に関することです
    ご自身を疑わず、本来感じるままに自由な自分を手に入れていく方のサポートになります。
  • 本ワークは見えない世界のことです。
    オカルトやサイキックに対して批判、否定的な方、
    このようなことは嘘っぱちだ!という方は、華麗にスルーでどうぞ。
  • エネルギーに敏感な方は、何らかの反応を示すことがあります。
    頭痛や強烈な眠気などです。
    ご自身で対応をなさってください。
    それらが発生するのは、もしかしたら「疲れ」が溜まっているだけかもしれません。
    本当は休みたいのに休めないなど、自分に制約を課している方がとても多いです。
    その辺りも含めて「自らの体に聞き、必要な対応をする」という対応をしてください。

お申込み受付は終了しました

お申込み受付は2019年8月8日までです

投稿日:2019年7月17日 更新日:

執筆者: