額縁を木彫で仕立ててみませんか?

普通の額装では物足りない!

つまらなーい!!!と思っている方へ


 
光の工房 凜音

代表の田中里奈です。

木彫家で梵字仏師です。

あなたのために、

この世でたった一つのものを

作ります。

だってもう、

あなたそのものが、

たった一つの、

唯一無二の存在だから。

何か特別なことをしていなくても

何かを成し遂げていなくても。


私にとって絵の額縁を彫ることは、

お宮を作るような感覚です。

宮大工になったような神聖な気持ちで、

時にいたずらっ子のような純粋な気持ちで、

木と話し、絵と話しながら

一彫りひと彫、進めていくからです。


最初の額縁は、こちら。

点描曼荼羅を見た瞬間に「宇宙の光」という感覚を覚えました。

オン アボキャ ベイロシャノウ マカボダラ マニハンドマ ジンバラ ハラハリタヤウン という「光明真言」を彫りました。

梵字の間には渦を。

2つ目の額縁は、こちら。

絵から感じた「歓喜天」の存在

男女が抱き合う大聖歓喜天のイメージがぐわーっと湧いてきて。

仏様の中でも現実の側に一番近い”天部の仏”である歓喜天をイメージし、

夏の入道雲のような渦巻いた雲、夜の月に静かに棚引くような雲。

いろいろな顔を見せてくれる”天”を表現しています。

3つ目の額縁は。。。期せずして双子になりました。

ご依頼があった時には実は1点のみ。

向かって左の「愛と平和」に対するご依頼でした。

ところが!額縁となるように切り出してもらったら、

なんと2組!できてきまして。

木彫の師匠に頼んで加工してもらうのですが。

え?1組しか頼んでないのに???

点描画の画家さんに確認したところ、

実は「愛と平和」の双子になるような絵を描いているところなのよね。

書き始めたら、りなさんに依頼した絵と双子な気がして仕方なくて。。。

ということで、もう1つもオーダーいただきまして。

双子の誕生!となりました。

その絵の名前は「infinity」

二つの額縁を並べた時に「∞」が真っ先に浮かんで、

8角形を「∞」にする図案となりました。
 
 

今、2021年の「ヒカリの曼荼羅展」に向けて、

オリジナルの額縁を彫り始めています。

どうでしょう?

☆普通の額装じゃつまらないんだよ!!と思う方

☆コンテストやコンクールで勝ちに行くんだ!!!

という意気込みの方

☆絵を購入したけれど

額装がイマイチだなぁと思っている方

☆エネルギーアートを描いてもらったけれど

まだ額装していないという方

イマイチ、これっていうのが見つからないのよね!という方

☆自分だけの特別な絵を大切に飾りたい方

あなただけの額縁を仕立ててみませんか?

一度、ご相談くださいませ。

金額は10万円(消費税別)から。

絵のエネルギー、絵のサイズ、種類(水彩か油彩かなど)、

納期などにより、金額は異なります。

必ず金額(製作費・材料費などの明細)をご提示してから決めていただけますので、

ご安心ください。

金額の提示までは無料で行いますので、

こちらからご連絡くださいませ!

https://24auto.biz/espiral/touroku/contact.htm