薬師瑠璃光如来 飛来像

2020年4月8日 完成しました。

仏様の中で「お医者さん」として存在する、薬師瑠璃光如来。

親しみを込めて”お薬師さん”と呼ばれています。

元々、DNAを癒す528Hzのソルフェジオ周波数を奏でる楽器でしたが、その彫り目を削ったところ、手に”薬壺”を持った姿が木目で浮き上がりました。

それはまるで、宇宙船のような節目に乗って地球に降り立つようなイメージだったのです。

楽器だった時には全く浮かび上がらなかったその姿。

調弦ができなくなり弦も全て錆びてしまったことによる、改修作業の最中にいきなり浮かび上がってきたので、私もびっくりしたのでした。

今回、薬師如来の梵字「バイ」(ベイとも読みます)

薬師如来がお医者さんなら、看護師さんの役割をするのが月光菩薩と日光菩薩。

日光菩薩の「ア」と月光菩薩の「シャ」も彫り入れました。

ドイツとフランスの国境の”黒い森”から来ています。

寒い土地で樹齢80年以上たち、切られてからもいろいろな人の手を経て、日本へとやってきました。

その木に薬師如来が住んでいるなんて。

そして今、世界規模の疫病がある時に。

梵字を彫り入れ、生まれ直す作業をさせてもらえるとは。

仏師として光栄な気持ちです。

どうぞ、お迎えくださいませ。

<詳細です> 

金額 50万円(消費税込み550,000円)日本国内の送料込み
  

☆素材 ドイツ産 山桜の木

☆サイズ 高さ85センチ、幅55センチ、厚み4センチ、重さ6キログラム

☆設置台は付属していません。台座が必要な場合は、ご相談ください。特殊な場合は、別途費用を頂戴しますが、簡単にできる場合は無料でお作りすることもできます。

 
☆直接納品も可能です。関東近郊であれば直接お伺いいたします。遠方の場合は別途交通費や宿泊費を頂戴することもあります。まずは、ご相談ください。

☆楽器だったときの保管袋がついています。

お申込みはこちら

http://hikalinon.cart.fc2.com/ca0/19/p-r-s/